ディズニー映画ソングの和訳が英語勉強初心者に最適な理由3つ

英語独学のモチベーションアップには、好きな洋画や洋楽を使うのがおすすめです。

……とただ言っても説得力がないと思いますが、私、著者のちゃんたまは中学生くらいの英語力から独学で英語勉強して、TOEIC800点をとりました。ちなみに学生時代、英語は大キライでした。

ということで、今日は「英語力ゼロからそれなりに英語が得意と言えるくらいの実力になる」ぬる〜い英語独学法を話したいと思います。英語教材を勧めるつもりもないので、今回はディズニー好きならほぼほぼ無料で家でできる英語勉強法を自分の経験から話したいと思います♪

※楽しくゆるくが目的なので、本格的なTOEIC対策とかは他のサイト探して下さい(汗)

なぜ、私がディズニー映画の歌を教材に選んだか?

なぜディズニー映画を選んだか? 好きだからです!!

ディズニーやハリウッド映画、海外ドラマはザ・アメリカものです。吹き替えや字幕も素晴らしいですが、声優が違ったり省略されていたりしてニュアンスが違うことも多々あります。本当のファンならば一度くらい「原語版の意味を知りたい」と思ったことがあるはず。その気持ちを勉強のモチベーションに使いましょう。

まあ独学なんですから、自分の好きなものを使って好きにやっていいのです。合言葉は「楽しくゆるく」ですから。

好きなものを使うというのは理にもかなっていて、社会人になってからの勉強なんて好きなものじゃないと続きません。そして、英語は語学ですからパッと上達することはありえません。続けられるものじゃないと、やる気になった時だけ数日勉強しても別に意味ないのです。

ディズニー映画の中でもなぜセリフではなく歌の和訳か? それは、初心者向きだからです。理由はこれから解説しますね。和訳チャレンジの時は、自分が好きな曲を好きに選んで構いませんが、少しでもディズニーが好きな人はディズニーソングがおすすめです。その理由もこれから書いていきますね。

ディズニー映画ソングの和訳が英語勉強のモチベーションアップに最適な理由3つ

1:ディズニー映画に使われている英語はネイティブ圏の子供レベル

ディズニーアニメーションは子供から大人まで楽しめるように制作されていますね。英語圏ネイティブの子供は英語学習者の私たちよりはるかに高度な英語力を身につけています。アメリカ旅行に行った時、まだあどけない声の金髪天使と会話しようとしましたが、早すぎてついていけませんでした(涙)

つまり、現地の子供も楽しんでいるディズニー映画を身につければ、日本人としてはハイレベルの英語力が身につく。

かと言って、完全に大人向けに作られた映画よりはもちろん易しい。大人しか見ない映画は会話のテンポがディズニー映画より速いです。弁護士ドラマや医療ドラマのような専門用語が出てくるタイプの映画も初心者にはハードルが高いでしょう。専門用語なのでそもそもわからなくて当然なのですが「理解できない単語がいっぱいある」というだけで苦手意識につながりやすく、モチベーションが下がりやすい。

以上の理由で、ディズニー映画の英語レベルは、日本人とってちょうどいいのです。

2:ディズニー映画に使われている英語なら失礼に当たらない=日常会話向き

外国人が学んだ外国語は、丁寧すぎるか、くだけすぎている感じのどちらか極端になりがちです。
例えば、かなり親しい外国人友達の日本語が「ええ、私も行きたいです」のようなよそよそしい丁寧語であったり、反対にお店の接客とかで「お前、コレ食う?」みたいな日本語でつい笑えたりしますよね。語学は暗記できても、その国の文化やニュアンスまでを身につけるのには時間がかかるからです。

教科書英語はダサいかもしれない、かと言ってスラングをかっこよく使おうとするのは非ネイティブにとってとても危険です。たまに、初対面の外国人に道を尋ねるのに「Hey!」とか強めに話しかけている日本人がいますが(俺それなりに英語喋れるぜ感)、とても失礼で恥ずかしく感じます。やさしい「hey」なら挨拶にも使えますが、かっこいい「Hey!」は日本語で言うなら「おい!」です。警告の意味すらあります。
特に『ワイルドスピード』や『デッドプール』のようなかっこいい映画のセリフを真似をすると、治安の悪い地域で相手が悪ければ殺されかねませんよ!!(大げさ?)

長くなりましたが、英語は文法とか単語以外に「ニュアンス」の部分もとても大事なのです。その点で、ディズニー映画なら「失礼にあたらない日常英会話」という点でもとても安心です。

3:有名なディズニー映画の歌だと英語が口ずさみやすい

耳慣れない音は覚えづらいし、理解していても発音しにくいものです。たとえば、カラオケでも、自分がよく聞いてる曲は歌えても、友達が歌っているそんなに知らない曲は全然歌えなかったりしますよね。目の前に日本語が書いてあるのに。

日本語でもそうなるんだから、英語も一緒です。勉強の教材に使うなら、何度も聞いているお気に入りの曲にして下さい。 一回では聞き取れず、何度も聴くことになるので、嫌いな曲だと苦行です。

その中でも、ディズニーで好きな曲があれば、難易度的にはディズニーソングがオススメです。メロディがわかりやすく、はっきり発音してますから。

ディズニー映画ソングの和訳におすすめの動画サイト

Youtube

「disney songs lyrics」と検索すると良いです。「lyrics」というのは「歌詞」という意味。これで検索すると、カラオケみたいに英語字幕が出てくる動画が表示されます。
難点は、日本語字幕と切り替えられない点ですね。ギブアップを感じても正解がわからない(笑) 日本語訳を載せてくれている動画ももちろんありますが、最初から載っているとそもそも勉強にならないので……英語字幕だけのものの方をオススメします!

ディズニープラス

Disney+ (ディズニープラス)
Disney+ (ディズニープラス)

ディズニーの動画配信サービス「ディズニープラス」は文句なくおすすめです。月額700円(税抜)。ディズニー好きならすでに入会している人も多いですし、英語教材としても安い方です。飽きても日本語で映画見放題だしね! <意味ない

なにがいいかというと「英語字幕/英語音声」にできる点。わからなくなったら、日本語字幕に視聴途中から切り替えもできます。 この点が一番大きい。以前はDVDを使っていましたが、最近の映画はメニュー画面まで戻らないと音声/字幕切り替えができないのが地味にめんどくさかったので、今はディズニープラスを使っています。

Left Caption

ちゃんたま

昔のDVDはリモコンで切り替えできたのに〜。今は映像も日本語に切り替えているから無理なのよね

ディズニー映画歌のセルフ和訳で気をつけたい点

ディズニーソングのセルフ和訳、最初は直訳で

自然でかっこいい和訳をつけたい気持ちはわかりますが、それはすでにプロがやってくれていますのでそっちを見ましょう(笑)
ディズニー映画は、日本語字幕も日本語吹き替え音声もかなり自然にできていますね。映画の翻訳が自然に聞こえるのは、一文の訳だけに留まらず、全体を通してニュアンスを伝えるように考慮してあるからです。でも、それだと、英文とズレていたり、時にはまったく違う文だったりします。
セルフ和訳するときはかっこよくない直訳で構いません。

目的は、かっこいい訳を作ることではなく、英語の意味を理解しながら覚えることだからです。

下の記事でも、直訳を試みています↓
かっこいい訳ではありませんが、わからなかった単語や構文を素直にメモっています。

実際にディズニー映画ソング和訳にチャレンジ(解説あり)

参考リンク

ディズニープラス公式▽
Disney+ (ディズニープラス)
Disney+ (ディズニープラス)

【参考記事】はこちら▽

2020年9月28日ディズニーまとめ,歌と映画で英語勉強

Posted by ちゃんたま