『glee』ブレインが歌うTeenage Dreamの歌詞和訳と解説

切なすぎる!ブレインが歌うTeenage Dreamって?

今回は海外ドラマ『glee』でブレインが歌うTeenage Dream(ティーンエイジ・ドリーム)を紹介します。カートの恋人・ブレインが歌う切ないナンバーです。原曲は、Katy Perry(ケイティ・ペリー)のポップソングですが、アコースティックアレンジされています。

Teenage Dream 歌詞をブレインの気持ちになって和訳

Aメロ、Bメロ、サビと分けて見ていきましょう。英語歌詞→和訳→単語解説の順番でカンタンに書いていくのでついてきて下さいね! ブレインとカートの気持ちになって「僕」と「君」で訳してます。

Teenage Dream/Glee cast (歌詞)

Before you met me  I was alright
But things were kinda heavy
You brought me to life
Now every February
You’ll be my valentine, valentine

(和訳)
君に会う前 僕はまあまあだったけど、
ちょっと不安だった
君が生きる意味をくれたんだ

これから毎年2月は
君が僕のバレンタイン
(解説)
You bought me to life = (直訳)あなたが命を私に運んだ = (意訳)生きる意味をくれた、生き返らせた、人生をくれた

Let’s go all the way tonight
No regrets, just love
We can dance until we die
You and I   We’ll be young forever

(和訳)
今夜はオールしよう
後悔なんてない、愛だけ
死ぬまで踊り続けよう
君と僕は永遠に若いまま
(解説)
all the way = ずっと
all the way thoughで「始めから終わりまでずっと」みたいな使い方をします。all the way tonightで「今晩中ずっと」になりますね。

You make me
Feel like  I’m living a Teenage Dream
The way you turn me on  I can’t sleep
Let’s runaway
And don’t ever look back  Don’t ever look back

(和訳)
君といるとまるで10代の夢の中
僕を引き戻す 眠れないよ
二人で逃げ出そう
後ろを振り返らないで

My heart stops When you look at me
Just one touch  Now baby I believe
This is real  So take a chance
And don’t ever look back
Don’t ever look back

(和訳)
君に見つめられると 僕のハートは止まる
一瞬触れられただけで 僕には分かる
これは現実 逃しちゃだめだ
後ろは振り返らずに
(解説)
take a chance" = チャンスを掴め
運命の人を離さないみたいな意味で恋愛映画では使われます。今回は、ブレインが浮気して後悔している歌詞なので、glee作中の字幕に倣って「逃しちゃだめだ」と訳しました。

I might get your heart racing
In my skin-tight jeans
Be your teenage dream tonight

(和訳)
君のハートを掴んでみせる
タイトなジーンズで
今夜 君の10代の夢になる
(解説)
heart race
= 脈拍、ドキドキ
“My heart is racing" で「ドキドキしている」という意味になります。

Let you put your hands on me
in my skin-tight jeans
Be your teenage dream tonight

(和訳)
君の手を
僕のタイトジーンズに忍ばせて
今夜 君の夢になるよ
———-ここから先の歌詞は繰り返しになります⬇︎———-

You make me
Feel like I’m living a
Teenage dream
The way you turn me on
I can’t sleep
Let’s run away and
Don’t ever look back
Don’t ever look back

My heart stops
When you look at me
Just one touch
Now baby I believe
This is real
So take a chance and
And don’t ever look back
Don’t ever look back.

I’ma get your heart racing
In my skin-tight jeans
Be your teenage dream tonight
Let you put your hands on me
In my skin-tight jeans
Be your teenage dream tonight

『glee』でこの曲が聴けるエピソード

海外ドラマ『glee』では今回紹介した「TeenageDream」が2回出てきます!

1回め:シーズン2エピソード第6話『初めてのキス』
カートとブレインの出会いのエピソードです。ダルトン高校のウォブラーズが歌っています。

 

2回め:シーズン4エピソード第4話『涙の別れ』
今回紹介したカートとブレインの別れのエピソードです。カートを尋ねてニューヨークに来たブレインがバーで一人、ピアノを演奏しながら切なげに歌い上げます。

曲名の『Teenage Dream』に込められた意味とは

Teenage はティーンエイジと読み、10代のことを指します。つまり、Teenage Dreamとは、直訳で10代の夢。初恋や青春など甘酸っぱい感じがしますね。
個人的に歌詞で一番好きなところは、サビに行く前の “You and I   We’ll be young forever" いつまでも若いままで。そしてサビの “You make me Feel like I’m living a Teenage dream" 君といるといつまでも10代の夢に生きているような気がする、に続きます。

この曲は、カートとブレインの出会いと別れのエピソード両方に使われています。高校で出会い、甘酸っぱい幸せだけの恋をしていた二人が、高校卒業で離れ離れになって別れてしまう。10代の夢が終わってしまうの? このままでいたかったのに。君といる時はいつだって変わらず10代のままなのに。
そんな切ない想いがブレインの歌から伝わってきます。

それでは今日はここまで
Have a Nice Flight!

【参考記事】はこちら▽

2021年3月28日ミュージカル,歌と映画で英語勉強

Posted by ちゃんたま