ディズニーヴィランズの本、読む順番は“洋書”の発売順がホンモノ

ディズニーヴィランズたちの物語『みんなが知らない』シリーズとは

ディズニーヴィランズの本まず最初にシリーズを超かんたんに紹介します。本についてすでに知っている人は「読む順番」まで飛ばしてOKです↓

ディズニーの悪役たちの裏話を新しいストーリーで小説化したシリーズ

ディズニー映画での主役は、ヒーローやディズニープリンセスたちで、これまで悪役について多くは語られてこなかった。この小説シリーズは、そんな悪役たちを主役にし、過去にさかのぼり、彼らが「ヴィランズ」に成り果ててしまった苦悩の人生を明らかにする。

例えば、白雪姫の継母が美しさに執着し意地悪になってしまった理由や、リトルマーメイドのアースラがアリエルを苦しめた理由などが語られる。

➡︎1キャラクターにつき1冊という形でシリーズ化されています。ディズニー映画ファン、特に悪役好きにはたまらず本棚にまとめてコレクションしたい書籍シリーズだと思います!

Right Caption

ちゃんたま

悪役好きにはヴィランズの顔を前面に出した表紙もたまらないよね。

原作は洋書だが、日本語版もあり!出版社は講談社

ディズニーヴィランズシリーズは日本のオリジナル作品ではない。原作は洋書で、「セレナ・バレンティノ」というアメリカンコミックのライターが書いている。

➡︎幸い、日本でも講談社KK文庫で翻訳版が発売されているので日本語でも楽しめます。

ちゃんたまどう検索すればいいの?

日本では『みんなが知らない〇〇』というタイトルでシリーズ化されているので、「みんなが知らない」「講談社」「ディズニーヴィランズ」などで検索するとヒットするでしょう。アフィリリンクは読みづらくなるので貼りませんが、Amazonでも見つけることができました。

ディズニーヴィランズの本、読む順番オススメは洋書の発売順

さて、現在6冊出版されているシリーズ。ファンなら順番どおりに読み進めたいと思うかもしれないが、巻数に番号はつけられていない。しかも、ネットに出ている情報の多くが「日本での発売順」を順番として書いているので注意。それはシリーズの順番ではなく、講談社の発売順である。
あと、今出ているものもあくまで翻訳が終わったものなので、完結はしていないことにも注意。

➡︎実際にはもっと続編が出ているから、日本語版もこれからさらに増えると期待していいでしょう。私ちゃんたま個人的には、このシリーズを読む順番はどこからでもOK。ぶっちゃけ、自分が好きなヴィランズから読んでいいと思います。それぞれの人生の話なので、好きなキャラクターから読んだ方が興味が持てるでしょう。

Left Caption

くません

でも、それだと今回の答えにならないので、ちゃんとアメリカで出版された順番を紹介します。

現在出ているヴィランズシリーズの原作と発売順

悪い女王クイーン©️tamacoθ
白雪姫のヴィラン、悪い女王©️tamacoθ

1. 白雪姫・悪い女王(継母)
『みんなが知らない白雪姫 なぜ女王は魔女になったのか』
原題:The Fairest of All: A Tale of the Wicked Queen__ (August 18, 2009)

2. 美女と野獣・ビースト
『みんなが知らない美女と野獣 なぜ王子は呪いをかけられたのか』
原題:The Beast Within: A Tale of Beauty’s Prince__ (July 22, 2014)
野獣は悪役ではなくプリンスだが、心理葛藤を抱えた複雑で魅力的なキャラクターであることは確か。

アースラ©️tamacoθ
リトルマーメイドのヴィラン、アースラ©️tamacoθ

3.リトルマーメイドの海の魔女・アースラ
『みんなが知らないリトル・マーメイド 嫌われ者の海の魔女アースラ』
原題:Poor Unfortunate Soul: A Tale of the Sea Witch__ (July 26, 2016)

4. 眠れる森の美女のマレフィセント
『みんなが知らない眠れる森の美女 カラスの子ども マレフィセント』
原題:Mistress of All Evil: A Tale of the Dark Fairy__ (October 3, 2017)

5. ラプンツェルの継母ゴーテル
『みんなが知らない塔の上のラプンツェル ゴーテル ママはいちばんの味方』
原題:Mother Knows Best: A Tale of the Old Witch__ (August 7, 2018)

6. 奇妙な3姉妹の魔女の話 ※
『みんなが知らない奇妙な三姉妹の話 本当の結末』
原題:The Odd Sisters: A Villains Novel__ (July 2, 2019)
※このお話だけこれまでの1〜5で出てきたキャラクターの話なので、ディズニー本編に出てくるヴィランズではない。これだけは他の刊を読んでから読んだ方がよい。

クルエラ・デ・ビル©️tamacoθ
101匹わんちゃんのヴィラン、クルエラ©️tamacoθ

7. 101匹わんちゃんのクルエラ
Evil Thing: A Tale of That De Vil Woman__ (July 7, 2020)
※日本ではまだ発売未定

8. シンデレラの継母
Cold Hearted: A Tale of the Evil Stepmother__ (June 26, 2021)
※アメリカでもこれから発売予定

現在日本で出版されているのは、全部で6冊


以下が講談社から出ている日本語版タイトルと順番です。

  1. 『みんなが知らない美女と野獣 なぜ王子は呪いをかけられたのか』
  2. 『みんなが知らない白雪姫 なぜ女王は魔女になったのか』
  3. 『みんなが知らないリトル・マーメイド 嫌われ者の海の魔女アースラ』
  4. 『みんなが知らない眠れる森の美女 カラスの子ども マレフィセント』
  5. 『みんなが知らない塔の上のラプンツェル ゴーテル ママはいちばんの味方』
  6. 『みんなが知らない奇妙な三姉妹の話 本当の結末』

1のビーストと2の白雪姫だけ順番が入れ子になっている。オススメは洋書の順番通り『みんなが知らない白雪姫 なぜ女王は魔女になったのか』から。

➡︎ディズニー最初の長編アニメーションである「白雪姫」を一番最初に持ってきたのはなにか意味があるはずだからです。

好きなキャラクターから読み始めてもOKですが、6冊目の『みんなが知らない奇妙な三姉妹の話 本当の結末』だけはやっぱり他の本を読み終えてからの方が良いでしょう。

次回作予想!新作が出るヴィランズは?

➡︎まだ発売未定ですが、まず海外ですでに出版が決まっている「クルエラ」「シンデレラの継母」の翻訳版が出るのは確実です。
また、他に代表的なディズニーヴィランズとして人気があるのは、ジャファー・フロロー辺りなので期待したいですね。今のところ、まだ男性ヴィランは描かれていません。
『美女と野獣』の野獣の例を考えると、『アナと雪の女王』からエルサの物語が誕生するなんてこともありえるのではないでしょうか。映画製作当初、エルサは悪役として描かれる予定でした。野獣と同じで、葛藤を抱えるディズニープリンセスです。

おすすめの読む順番レビュー・口コミ

これまで私ちゃんたまオススメの読む順番を紹介してきましたが、Amazonレビューを読んでいると「(日本の)発売順に読んだ」「好きな映画のキャラクターから手にとった」「読んだあとに映画をあらためて観た」などさまざまな意見があります。

ディズニーヴィランズの本に関する口コミレビューディズニーヴィランズの本に関する口コミレビュー2

本の感想自体も参考になりますね!
わたしも1冊ずつ魅力をこのブログにてレビューしていく予定ですので、よかったら読んでください。

以上、今日は「ディズニーヴィランズ本を読む順番」について詳しく解説しました!

 

Have a Nice Flight! ✈︎