ミスターゴールドについて詳しく『ワンスアポンアタイム』のキャラクター

ディズニーの海外ドラマ『ワンスアポンアタイム』は悪役が非常に魅力的なファンタジードラマ。前回は悪い女王レジーナ・ミルズについてくわしくまとめましたが、今回はさらに黒幕であるミスターゴールド(ルンペルスティルツスキン)のキャラクターと役割、過去の秘密、名俳優ロバート・カーライルのトリビアを紹介します。

ミスターゴールドとは?キャラクターと役割

ミスターゴールド『ワンスアポンアタイム』©️chantama as tamacoθ
ミスターゴールド氏『ワンスアポンアタイム』©️chantama as tamacoθ
  • 現実世界での名前はミスター・ゴールド。ディズニーの海外ドラマ『ワンスアポンアタイム』に出てくるメインキャラクター。悪役。
  • Mr.ゴールドのおとぎ話世界での役割は「ルンペルスティルツスキン」。グリム童話「ルンペルシュティルツヒェン」からきている。
    ルンペルスティルツスキンの童話原作についてはこちら
  • ワンスアポンアタイム世界では、最強の魔法を持つ闇王である。
  • 他キャラクターと違い、苗字しか出てこないのにはワケがある。呪いでレジーナ・ミルズ以外は記憶が消されているため新しい名前がつけられたが、 ゴールドの記憶は残っているのだ。ゴールドは名前を隠すことで過去の正体を隠していた。
  • 取引上手で、助ける代わりに常に対価を要求する。心理戦が巧み。敵なのか味方なのかいつも分からない。

ゴールドの職業、闇王の過去に隠された秘密……

ゴールドとルンペルスティルツスキンは切り離せないもの。ルンペルスティルツスキンについて詳しくはこちら。今回は主に「ストーリーブルックに住む現実世界のミスターゴールド氏」について。

闇王になり力を手にする前は「臆病者」と呼ばれた

闇王になる前は普通の夫であり、父親だった。死の予知をおそれ、戦場で自分の足を傷つけ、戦線離脱して帰ってきた。そのため「臆病者」と呼ばれ、妻に愛想を尽かされる。
今でも「臆病者」と呼ばれることをなによりも恐れ、力に執着している。

街一番の金持ちで不動産を所有

ストーリーブルック全土の不動産はゴールドが所有している。街一番の金持ちであり、権力がある。家賃の取り立てにも容赦がない。
この地位は呪いをかける前に、レジーナと契約して手に入れたもの。

物には対価が伴う、質屋を経営

ストーリーブルックで、ゴールドは質屋も経営している。取引上手で物々交換により、物語のキーアイテムや魔法の品を収集している。「魔法には対価がつきもの」という口癖にぴったりのお店。様々な住人が訪れる重要な場所。

宝物はベルとの思い出、欠けたマグカップ

ゴールドの唯一の宝物は「ふちが欠けたマグカップ」。これは昔召使のベルが誤って欠けさせてしまったが許した、思い出の品である。英語で、欠けた=チップ。美女と野獣のファンならもうピンときただろう。

『美女と野獣』ふちが欠けている「チップ」
『美女と野獣』ふちが欠けている「チップ」

自分のせいで生き別れになった息子を探している

過去、ゴールドは息子との約束を破った。そのせいで息子を失ったのを後悔しており、長年息子を取り戻すためだけに時間を費やしてきた。生粋の悪役ゴールドでも、ベルと息子への愛情だけは本物である。

ゴールド/ルンペルスティルツスキンを演じる俳優は誰?ロバート・カーライルのトリビア

  • ゴールド/ルンペルスティルツスキンを演じている俳優は、ロバート・カーライル。スコットランドの俳優。
  • 難しい役や個性的な役を演じきるのに定評がある。俳優・女優はもっと醜い役やチャレンジングな役をやるべきだ、という考えを持っている。
  • ワンスアポンアタイム制作監督・脚本家らは、ロバート・カーライルを想像しながら、ルンペルスティルツスキンのキャラクターを描いた。しかし、まさか彼が実際に役を受けてくれるとは思わなかったから感動したそう。

ミスターゴールドの名言

「私が約束を破ったのは人生に一度きりで、今ではない」
by ミスターゴールド『ワンスアポンアタイム』

このセリフで、取引は絶対に守るルンペルスティルツスキンの性質と、ゴールドが抱く唯一の後悔が垣間見える。

『ワンスアポンアタイム』のゴールドについてもっと知りたい

▽ミスターゴールドのことがよく分かるシーズンとエピソードはこちら▽

▼ワンスアポンアタイム全シーズンを見るならこちら▼

Disney+ (ディズニープラス)
Disney+ (ディズニープラス)

▼その他のワンスアポンアタイムのまとめはこちら▼