テディバラが歌う曲の意味を和訳/東京ディズニーランドカントリーベアシアター

東京ディズニーランドのアトラクション、カントリーベア・シアター(カントリーベアジャンボリー)の英語ソングの和訳をお送りします。今日はテディバラが歌っている曲です。

カントリーベアー・シアター通常バージョン、テディ・バラが歌っている曲は?

カントリーベアの「テディ・バラ」ってどの熊?

カントリーベアテディバラ@たまランド
カントリーベア「テディバラ」はこのくまさん!@たまランド

「テディ・バラ」は、ブランコに乗って天井から登場するくまさんです。セクシーなほくろが特徴的なカントリーベアーシアターのアイドル的存在。出身はダコタ。『ダコタからやってきたスウィングの女王』と紹介されています。そして、司会者ヘンリーの恋人でもあります♡

テディ・バラの歌を聴いてみよう



カントリーベア・シアター(通常バージョン)|テディバラの歌 動画 14:14〜

テディ・バラが歌っている曲のタイトルは?

動画でテディバラが歌っていた曲は “Heart, We Did All That We Could" と言います。

それでは、この歌の和訳をしたいと思います。

テディ・バラの歌 “Heart, We Did All That We Could" 英語歌詞と日本語訳

Well, there he goes he hardly knows the heart he’s breaking
彼は傷ついたハートがあるのを知らないまま

I talked to him but I don’t think he understood
話したけど、彼にはわからなかった

So just forget about the plans that you were making
もう忘れましょう、将来の計画を

Heart we did all that we could
できるだけのことをしたんだから

©️たまランド 無断コピー&転載を禁止しています

短いですが、カントリーベア・シアターでテディ・バラが歌っているのはここまで。
曲の意味がなんとなく伝わったでしょうか?

テディ・バラが歌っているのは失恋ソングだった?

1行目の「彼は傷ついたハートがあるのを知らないまま」は歌詞的に訳しましたが、傷ついたハートをもっと詳しく言うと「彼が壊したハート」。

つまり、この男性は女性の心を傷つけたんですね。

歌詞に出てくる女性は「将来の計画」を考えていたので、きっと真剣におつきあいしている男性だったのでしょう。

曲の題名にも歌詞にもあるHeartは、歌い手の女性の心。

心は傷ついているけど、彼とうまくやっていくためにできるだけのことをしてきたんだから、もう忘れましょう……という意味の失恋ソングかと思います。

テディ・バラとヘンリーの交際はうまくいっていない?

一番最初の紹介で、テディバラはヘンリーの恋人であると言いました。そのテディバラが「将来を考えていた男がひどいやつで傷つけられたんですけど〜」という失恋ソングを歌っているのはおだやかではないですね(笑)

でも、この曲を歌い終わったあと、ヘンリーとテディバラはこんな会話をしています。

テディ・バラ「たまには上がってらして〜ねーん♡」
ヘンリー「君こそたまには下りてらしてぇーーん♡」

……。

イチャイチャしてる!w どうやら心配なさそうですね!!

もう一人の女性くま「トリクシー」はよくリアルタイムの失恋ソングを泣きながら歌っていますが、この曲はショーのために選ばれた曲でテディバラの現状ではなさそうです。今幸せなテディバラにも失恋した過去があったのかもしれないし、トリクシーのように失恋したディズニーランドゲストの女性たちを励ますためかもしれません。

カントリーベアーシアターアトラクション出口にはヘンリーとテディバラのラブレターがある

カントリーベアの劇場の出口にはたくさんのドアがあるのをご存知ですか?

このドアには出演者のくまたちの名前が書かれていて、どうやらくまさんたちの楽屋だと思われます。ドアにはメッセージやメモなどが残されています。テディとヘンリーの手紙のやりとりもあるので、探してみてください。

東京ディズニーランドのバックグラウンドストーリーです。

……以上、テディバラが歌っている曲の和訳をしましたが、テディとヘンリーはラブラブですのでご安心ください。

それでは、♪またーいつか来てーください♪ いつでも待ってるからー♪ byカントリーベア