『ライオンキング』の隠れた原作と手塚治虫&ディズニーの友情

これまでもディズニーおとぎ話の原作について書いてきましたが、今回は『ライオンキング』の元ネタについて!

ライオンキングはディズニーのオリジナル作品ですが、実は世界で一番有名な劇作家の作品を元ネタにしています。そして、原作にまつわるちょっとした騒動には、日本一有名な漫画家とウォルト・ディズニーの心温まるエピソードも隠れているのです。

ライオンキング(1994年)

ライオンキングの元ネタは『ジャングル大帝』ではなく『ハムレット』だった!

『ライオンキング』は1994年のディズニーアニメーション映画。2019年には実写版でリニューアルもされましたね。

ライオンキングはディズニーのオリジナルかと思っていましたが、実は原作が存在したのです!正確には原作というより、あらすじのベースとなった作品です。

映画『ライオンキング』のモデルとなったのはズバリ、シェークスピアの四大悲劇『ハムレット』!
シェークスピアの悲劇

あの楽しくてかわいいディズニー作品が「世界的な悲劇」をもとにして作られていたとは…!

ディズニーが『ジャングル大帝』の盗作!?騒動

『ライオンキング』の原作について話すとき、語らなければならない背景がもうひとつ。
日本の有名作品が絡んだ盗作疑惑騒動です↓

  1. 『ライオンキング』は『ジャングル大帝』からの盗作疑惑があった
  2. 実際にモデルにしたのは『ハムレット』だとディズニー制作陣が発表
  3. 手塚治虫サイドもディズニー社を訴えるつもりはないと発表し、盗作疑惑は収束

…と、事実はここまでですが、ライオンキング/ハムレットの比較から盗作騒動までをくわしく、そして分かりやすーく見ていきましょう。

『ライオンキング』の原作『ハムレット』はとんでもない悲劇

『ハムレット』は、イギリスの劇作家シェークスピアが生み出した四大悲劇のひとつ。
読んだことがなくても世界一有名な劇作家なので、名前や作品名は聞いたことのある方がほとんどでしょう。

『ライオンキング』と『ハムレット』のキャラクター共通点

ライオンキングのキャラクター

サバンナの王:ムファサ
ムファサの息子、王子:シンバ(主人公)
王の弟、シンバの叔父:スカー

ハムレットのキャラクター

ハムレットの実父:前王ライオンキングのムファサ
デンマーク王子:ハムレットライオンキングのシンバ
前王の弟:クローディアスライオンキングのスカー

他にも登場人物はいますが、王位を狙う悪い叔父が物語のキーパーソンです!

『ライオンキング』スカー
スカー©disney

『ライオンキング』と『ハムレット』のあらすじ比較

ライオンキングのあらすじ

シンバは次期国王の無邪気なライオン。新しい王子の誕生をみんなが喜んだが、現国王ムファサの弟・スカーだけはちがう。自分の王位継承権がシンバに移ったのを不満に思っていた。

ある日、スカーはハイエナたちを丸め込み、国王ムファサを暗殺した。事故に見せかけ、さらにシンバに罪を被せることにまんまと成功。幼いシンバは何が起こったかわからぬまま、スカーに言われるまま国を出た。

シンバは遠いジャングルで青年になる。一方、国ではムファサのみならずシンバも死んだことにされ、スカーが国王になっていた。

亡き父ムファサの声を聞いたシンバはついに母国に帰る決心をし、スカーと対決し、国と家族を取り戻す。

ハムレットのあらすじ

前王が亡くなり、その弟クローディアスが夫を亡くした王妃と結婚し、王位についていた。
本来であれば、息子であるハムレットが次期国王になる予定だったが…。

ある日、前王の亡霊がハムレットのもとに現れ、「自分はクローディアスに殺されたのだ」と告げた。父の死も母の再婚もすべてはクローディアスの策略だったと気づくハムレット。

ハムレットは、クローディアスへの復讐を企てるも、誤って自分の恋人の父を殺してしまう。その罪をクローディアスに責められ、ハムレットは国外追放される。

国に戻ると、かつての恋人は父を亡くした悲しみで自殺していた。恋人の兄が「父と妹の敵」とハムレットに襲いかかり、刺し違える。死ぬ間際、ハムレットは最後の力を振り絞り、叔父のクローディアスを殺す。

Right Caption

ちゃんたま

なんてこと…原作ではみんな死んでしまいました…。

これがシェークスピアの四大悲劇のパワーですw

『ライオンキング』は、最初こそ悲劇的なものの、ハッピーエンドになってます。ハムレットを原作にしたと言うより、設定だけ参考にしたという感じですね。

(ちょっとイイ話)『ジャングル大帝』盗作疑惑はこうやって収束した

冒頭で触れた「ライオンキング 『ジャングル大帝』の盗作疑惑騒動」はどうやって収束したか?

ことの発端は、日本の漫画家複数人が署名を集め、ディズニー社に問い合わせたそうです。それがマスメディアに取り上げられ、ちょっとした騒動になってしまった。
(カンタンに言うと、外野が勝手に騒いでたワケですね)

ディズニー社は「シェークスピアの『ハムレット』やディズニーの『バンビ』を参考にした」と発表しました。

そして、『ジャングル大帝』の権利元である手塚治虫さんの遺族はこう言いました。

「ディズニーファンだった故人がもしもこの一件を知ったならば、怒るどころか『仮にディズニーに盗作されたとしても、むしろそれは光栄なことだ』と喜んでいたはずだ」と。

騒動にはなったけども、手塚治虫さんの遺族はディズニーを訴えない意思を示したのです。

手塚治虫とディズニーは尊敬しあっていた

手塚治虫『鉄腕アトム』

手塚治虫氏は、ウォルト・ディズニーを心から尊敬していたそうです。

「僕はディズニーの影響を受けている」と公言しており、『バンビ』を観に何十回も映画館に足を運んだエピソードも。

ディズニー社は、「ライオンキングの参考にしたのは『バンビ』だ」とも発表しましたが、その『バンビ』は『ジャングル大帝』執筆中に公開された作品で、『ジャングル大帝』にも影響を与えているのだそうです。

名作が名作に、天才が天才に影響を与えあって、新しい作品が生まれている…。

手塚治虫はアメリカまでウォルト・ディズニーに直接会いに行ったこともあるのだとか。
ウォルト・ディズニーも『鉄腕アトム』を知っていて「良い作品です。私も宇宙の作品を作りたい」と手塚治虫に尊敬を示した

…といわれています。

これは周りがとやかく言うような話ではありませんね。本当の天才は影響も隠さないし、他の天才を妬んだりもしません。

Right Caption

ちゃんたま

盗作疑惑という響きは悪かったのですが、逆にちょっとイイ話だと思いました

ディズニーがハッピーに変えた悲劇的作品

ともかく、ディズニーは、シェークスピア悲劇を参考に、「スカー」というディズニーヴィランズ史上でもかなり凶悪な悪役を生み出しました。なんせ、実兄殺しです。

『ライオンキング』スカー
スカー©disney

同じように「原作は全員死ぬけど、ディズニーではハッピーエンド」という作品に『ノートルダムの鐘』があります。

原作が「小説」のものは暗い作品も多く、『ピノキオ』も原作はかなりヤバいです。

原作の世界はけっこう楽しいです。気になる方はぜひ他の記事も読んでみてください♪